ブログ

WordPressでフリー画像挿入できるプラグイン2選!おすすめは「Instant Images」

この記事ではフリー画像の挿入がWordPress内で完結することができるプラグイン、「Instant Images」「Free Assets Library」について紹介します。

Aくん

ブログに写真を挿入したいけど、いちいち別のサイトからダウンロードしなきゃいけないの面倒だなぁ。

Bさん

どのプラグインが自分にあってるかわからない。

こんなことを思ったことはありませんか?その悩みを解決するのが今回紹介する2つのプラグインです。プラグインを活用することで、時短にもなりますし綺麗なサイトを作ることができるので、ぜひ使ってみてくださいね!

以下の項目に一つでも該当する人は、ぜひこの記事を読み進めてください!

こんな人におすすめ

  • ワードプレス内で写真の挿入を完結したい人
  • 忙しくて時間がないブロガー
  • 少しでも綺麗なサイトに仕上げたい人
  • 「Instant Images」と「Free Assets Library」で迷っている人

忙しい人の為に、この記事のまとめを記載しておきますね。リンクをクリックすれば該当箇所に飛ぶことができるので、ぜひ活用してください!

この記事の結論

フリー画像プラグインを導入するメリット

一般的には、写真やイラストを記事に貼りたいときは、O-DANやPixabayなどからフリー画像をダウンロードして、Wordpressにアップロードします。けれど、忙しい人にとってはその少しの手間も省きたいですよね。

フリー画像プラグインを活用することで、大幅な時短になり作業効率がグンっと高まるのでとてもおすすめです。これまで面倒で画像を入れていなかった人にとっては、より質の高い記事を執筆できるのもいいことですね。

だーまる

個人的にはパソコンの容量を抑えることができるので嬉しいです!

フリー画像プラグインを入れるメリット

  • 時短になり作業効率が高まる
  • 記事の質が高まる
  • パソコンの容量を圧迫しない

通常のフローとプラグイン導入後のフローを比べてみると、圧倒的に手間を省いて時短できているのが分かりますね。

  1. O-DANやPixabayなどのフリー素材サイトにアクセスする
  2. 必要な画像を検索する
  3. 画像をパソコンなどの端末にダウンロードする
  4. WordPressのメディアライブラリに保存する
  5. 記事に画像を挿入する
  1. 必要な画像を検索する
  2. WordPressのメディアライブラリにそのまま保存する
  3. 記事に画像を挿入する

「Instant Images」と「Free Assets Library」どっちが良い?

「Instant Images」と「Free Assets Library」を徹底比較!

「Instant Images」と「Free Assets Library」にはそれぞれ良さがあります。その特徴をしっかり理解して、自分にあったプラグインを選んでください。

だーまる

個人的には「Instant Images」が使いやすかったです!

①「Instant Images」の特徴

「Instant Images」は、1クリックでUnsplash、Pixabay、Pexelsから直接メディアライブラリに写真をアップロードすることができます。

だーまる

普段から、UnsplashやPixabayを使う人におすすめです!

2つの使用方法

使い方には2種類あって、①事前に写真を取り込む方法②執筆中に写真を取り込む方法の2種類があります。どちらも、検索結果に出てきた画像をクリックするだけでダウンロードができるのでとても便利です!

  • STEP1
    メディアから「Instant Images」を選択。
  • STEP2
    右上の検索画面で英語で検索
  • STEP3
    追加したい写真をクリックするだけでダウンロード完了
①事前に写真を取り込む方法
  • STEP1
    右上の「イナズマ⚡」を選択。
  • STEP2
    検索画面で英語で検索
  • STEP3
    追加したい写真をクリックするだけでダウンロード完了
②執筆中に写真を取り込む方法

②「Free Assets Library」の特徴

「Free Assets Library」は、PixabayとOpenverseから直接メディアライブラリに写真をアップロードすることができます。

だーまる

Openverseを普段使っている人におすすめです!

2つの使用方法

使い方は、「Instant Images」と同じで2種類あって、①事前に写真を取り込む方法②執筆中に写真を取り込む方法です。検索結果に出てきた画像をダウンロードすることで写真を利用できます。

  • STEP1
    メディアから「Free Assets Library」を選択。
  • STEP2
    検索サイトを選択し検索
  • STEP3
    追加したい写真をダウンロードし完了
①事前に写真を取り込む方法
  • STEP1
    ブロックエディタで「写真」→「メディアライブラリ」を選択
  • STEP2
    「Openverse, Pixabayimages」で検索サイトを選択し検索
  • STEP3
    追加したい写真をダウンロードし完了
②執筆中に写真を取り込む方法

フリー画像プラグインの導入方法と注意点

①「Instant Images」の導入方法3STEP

「Instant Images」は3つのステップ簡単に導入ができます。通常のプラグインを導入する方法と同じなので分かりやすいと思います。

  • STEP1
    WordPressのプラグイン画面を開き、「新規プラグイン」を選択
  • STEP2
    「Instant Images」と入力し「今すぐインストール」を選択
  • STEP3
    「有効化」をクリックし導入完了
「Instant Images」導入の3STEP

②「Free Assets Library」の導入方法3STEP

「Free Assets Library」も「Instant Images」と同じように、3つのステップ簡単に導入ができます。有効化も忘れずにしてくださいね。

  • STEP1
    WordPressのプラグイン画面を開き、「新規プラグイン」を選択
  • STEP2
    「Free Assets Library」と入力し「今すぐインストール」を選択
  • STEP3
    「有効化」をクリックし導入完了
「Free Assets Library」導入の3STEP

フリー画像プラグイン導入上の注意点

「Instant Images」と「Free Assets Library」の2種類のプラグインを紹介しましたが、注意点が1つあります。それが、やみくもにプラグインをインストールしないことです。

理由としては、サイトが重くなる可能性があるからです。プラグインはうまく活用すればとても便利なツールですが、導入しすぎるとサイトの表示速度に大きく影響してきてしまうので注意が必要です。

だーまる

迷っている人は、とりあえず「Instant Images」を入れておけば間違いないかと思います!

まとめ

いかがでしたでしょうか?フリー画像プラグインを活用することで作業効率がグンと高まるので、忙しい方はぜひ活用してみてください!最後に冒頭で紹介したこの記事のまとめを貼っておきますね。

この記事の結論
だーまる

最後までお読みいただきありがとうございます^^

ABOUT ME
d-marublog
『サラリーマンによるサラリーマンのためのブログ』をテーマに執筆。凡人サラリーマンが「ブログ×投資」で20代で資産1,000万円を築く過程を発信!